四逆散(シギャクサン)の紹介(効果とおすすめできる人)

体の臓器に炎症が起こると痛みが出てしまうことがあります。四逆散という漢方薬には体の中で生じている炎症を鎮めるという効果があり、胆のう炎や胃炎、気管支炎などに対して使われます。また、自律神経失調症になると神経の働きが悪くなるため、胃炎や精神状態の悪化などが起きてしまうことがあります。そのため神経症や不眠症、ストレスに対してこの漢方薬を使うこともあるでしょう。四逆散は比較的体力がある人や脇腹が圧迫していて苦しい状態の人、体が冷えている人などに使われるということです。四逆散と同じように炎症を鎮める漢方薬はいくつかありますが、漢方薬は体力や様子を考慮しながら投与することになるため、人によって使い分けていく必要があります。炎症や痛みを鎮める四逆散には、4種類の生薬が配合されています。炎症を鎮める作用のある成分や精神状態を落ち着かせる成分、痛みを取り除く成分などが含まれており、これらの生薬を組み合わせることで効果を発揮するのです。四逆散は著しく体力の衰えている人に投与した場合、症状が悪化してしまうこともあるので注意しましょう。強いストレスを受けると胃炎や冷えなどが起こることもありますが、この漢方薬はストレスに対しても有効です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *