木防已湯(モクボウイトウ)の紹介(効果とおすすめできる人)

木防已湯の効果として、防已は利尿作用により、体の余分な水分を排出させ体液の循環を整える働きがあります。また、桂皮 は熱をとり炎症を抑える効果が認められています。人参は体力の増加と胃腸の働きを促進させます。
体質としては普通からやや虚弱体質で、体に水分が溜まっている場合が適応となります。
特に下半身に浮腫みを認めたり、排尿の量が減少してのどが渇く症状に使用されます。また、排尿量が減少していなくても、夜間の睡眠時に呼吸が苦しくなったり、咳がひどくなる場合にも用いられます。そして、みぞおちがつかえたり動悸がするなどの症状がある場合にも使用されます。みぞおちの症状の目安は、みぞおちが硬くなって張っている状態です。顔色が青黒いという人にも使用されています。木防已湯はこのような腎臓や心臓に関する症状が出ている人におすすめです。高齢の方で、利尿剤を使用すると脱水の恐れがある場合には、利尿の補助的な役割として木防已湯を使用します。
病名としては慢性腎炎・ネフローゼなどの腎臓病や心臓弁膜症・心臓性喘息などの心臓病などが対象です。また、慢性の気管支喘息にも適応されます。
服用方法は木防已湯をお湯に溶かし、少し冷ましてから飲むと効果が上がります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *